日記

2021年2月22日(月)
【競馬の世界をのぞいてみる】
競馬の世界では、この馬は、この日の土曜日にニューベリーで行われたベットウェイ・チャロウ・ノビス・ハードルで、グレード1レベルでの快進撃を見せたと、アンドリュー・メアラーは書いている。

今回のチャロウハードルは、7頭の出走馬全員がハードリングのキャリアの初期段階で有望視されていたこともあって、事前には新馬戦のように見えていたが、この7頭のうちの1頭は、それぞれが1勝を挙げている。しかし、チャンプは4週前に同じコースと距離で行われたハンデ戦で、すでにスマートな初心者であることを示していたので、紙面上では非常に目立っていた。

ニッキー・ヘンダーソン騎乗のチャンプはこの日150の評価を得ていたが、この数字は今世紀に入ってから16回更新されたチャローのうちの1回を除いて、全てを制したことになる。

このチャロウは、これまでの歴史的な比較では、プリンシパルのレベルが非常に安定したレースであることが証明されています。これは3位のケイトソン Kateson (141)が11月下旬にこのコースで新馬戦に出走した時の成績とよく一致している。この2頭を分けたのはゲッタウェイ・トランプ Getaway Trump (4ポンド増の142)で、この馬も少なくとも優勝馬と同じような動きをしていたので、今後はさらに調子を上げてくるだろう。


チャンプとバリー・ジェラハティがベットウェイ・チャロウ・ノビスハードルを制す

チャンプは150と変わらず、このような数字であれば、フェスティバルのターゲットになりそうなベーリング・ビンガムでは、彼の存在が非常に大きいと思われます。

最後に、クリスマス前のアスコットのハイライト、グレード1のロングウォークのハードルについて簡単に触れておきましょう。2017年の優勝馬サム・スピナーの早々の離脱と、レース中盤のウノウハティームアンハリーの落馬で、ペイズリーパークの勝率156というのは歴史的に見ても低い方で、6番手にガロ・デ・ジュリー(前走ハンデで138で敗れている)が迫っていることからも、このレースの形には疑問が残る。とはいえ、今シーズン無敗のこの馬は、明らかに進歩的な若い馬であることは間違いない。

2/22^20:31






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++