【投稿者としての心得】






1、

誰かを越えたいと思って
それを作るのならば、

「作る」ことを辞めてしまえ。




勝敗を意識して作った作品は、
どれほどクオリティーが高くとも、

そこに人を惹き付ける力はない。
作品に込める魂(こだわり)を忘れるな。






2、

自分の動画を見てくれた方への

感謝の気持ちが、
常日頃に持てないのならば、

動画作りを辞めてしまえ。




コメントをくださった方は

限りある自分の時間を削ってまでも
その想いを綴ってくれた。


だからこそ、自分も、返信する際は、

ありがとうの
気持ちを込めて書く「意味」がある。


決して、否定的にはならないよう心がけよ。





3、

マイリス、コメント数、
チャンネル登録数を

他人と比べるぐらいなら、
今すぐ、動画作りを辞めろ。



芸術において、数は関係ない。
ファンが多い=人気とは限らない。


…ましてや、

自分が有名になるために、
動画を作ったわけではないのだろう…?



紙粘土で作るミニチュア動画を通して
ものづくりの「楽しさ」を伝えたい。

そうだ、それが、己のあるべき姿だ。





4、

〇〇〇しなければ、ではなく
〇〇〇したい。の元で動くこと。



迷いや悩みの壁にぶち当たったとしても
自身の決断の元であることを忘れなければ


想定外な出来事にも向き合う姿勢に繋がる。




その来たる時の為にも、

〇〇〇しなければ、ではなく、〇〇〇したい
物事の見方からも、前向きな姿勢を心がけよ。




5、

「今」を大切に出来ない者に
願った通りの未来は訪れない。




→例え、上手く行かない現状であっても


今しか出来ないことは、必ずあるはずだ。


消極的、悲観的にならず
今、出来ることを見つけることに専念せよ。









···いつの時も、ブレない視点で


・伝えたいことは何か?

(小さな幸せが大きな幸せに繋がる)



・何の為にそれを作るのか、形にするのか

(小さな幸せに気づく、きっかけとなる為に)



〇〇と向きあう心を持つ者であれ。



 
···これが、活動8年に渡り
自身が積み重ね続けた−信念−なり。







 
…この言葉、2度と忘れぬよう

この心が曇ることのないよう
加えて、未来の自分の導きとなるよう


誓いとして、ここに刻む…。











己の内から発される言葉は、
やがては、己の人格そのものとなりうる

己の手から生み出されるモノは、
やがては、己の世界そのものとなりうる


良くも悪くも己を作るのは、
己次第であることを、常に忘れるな。










w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ